株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

営業特金について知りたい

用語:営業特金 読み方:えいぎょうとっきん

営業特金とは、証券用語として使用される言葉で持金と通称で呼ばされることが多いです。株式投資を考えている方は、耳にしたことがあるでしょう。内容としては、特定金融信託になり、簡単に説明をすると投資家が証券会社に運用を一任して、いわゆるまるなげの形で委託する方法になり、高い利回りを保障する内容になっていることが多いです。
営業特金は、企業から証券会社に依頼がある場合と、信託銀行が企業から信託をうける場合があります。多くの場合は後者で、信託銀行は運用を任された顧客から信託手数料をもらうシステムです。
投資家にとっては投資顧問料を節約できるという、大きな魅力がありますが証券取引法が改正されて禁止されました。バブルの要因になったのは、この制度がまだ法律で禁止されていなかったために加熱したからです。
問題になった、運用損を補填する損失補填をうみだす現因の一つです。日本だけでなく、海外でもこのシステムによるバブルがおこり崩壊しています。