株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

食い合いについての説明

用語:食い合い 読み方:くいあい

食い合いとは株式用語において、板が消えていく様を表すものとなります。板とは、株価の注文状況において、どの価格にどのくらいの数の注文が入っているかを表すものです。その板の注文数が多い場合には多くの注文が入っていることがわかります。
けれども、その大きな数の注文が約定し、板の数字が消える様を食われると表現します。そして、売りと買いの両方においてその状態となることを、食い合いと表現するわけです。
これは、売りや買いのどちらかの勢力が強まることなく、どちらの勢いも強い状態のときに表れるものとなります。方向感に乏しく、けれども相場への参加者が非常に多いような時には起きることになります。
大きな板が食われると、非常に強い動きを意味することになります。けれどもその勢いが続かずに反転し、その方向にある大きな板を食うという勢いにつながることになります。これが、食い合いと呼ばれる状況を作り出す相場心理の背景となるわけです。