株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

相対売買の概要

用語:相対売買 読み方:あいたいばいばい

相対売買とは、株式取引市場を介さずに、当事者である売り手と買い手が1対1で行う取引のことです。市場を介さずに直接やり取りする為、売買金額や決済方法などの全ては、自由に当事者の間で決定されます。
株式市場を介さない取引は、時として詐欺に遭う恐れがあるためハイリスクですが、大量の株式を売買しても市場に影響を与えなくて済むというメリットを得られます。
たとえば、大量の株式を株式市場で集めようとすると、それを察知した投資家達による提灯買いなどが発生し、株価が暴騰するリスクが生じます。ですが、相対売買を行えばそのようなリスクを回避しつつ、予算内で希望通りの株式を集めることが可能です。
基本的に相対売買は、企業やファンドといった大株主の間で行われるもので、その事実が公開されることはほとんどありません。ただし、本当に多くの株式を集めたいと買い手が考えている場合は、TOBと呼ばれる株式公開買い付けが実施され、不特定多数の株主から直接買い付ける方法が選択されることになります。

Twitter
#トレダビ とつぶやこう!