株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

株式市場第1部と第2部

用語:第1部 読み方:だいいちぶ

東証1部、2部とありますが、この2つの違いを説明します。
まず、東証とは東京証券取引所の第1部・第2部に分かれていて上場基準に違いがあります。
上場する場合、発行株式数及び時価総額・純資産利益・設立年数など多くの基準を満たしていることが条件となり、1部はこの基準がとくに厳しいです。
上場する場合は、すぐに1部に上場出来ることはなく、まずは2部上場の申請からとなり、2部の上場基準を満たしたことにより上場をはたすのですが、その後、順当な経営と売り上げ規模の拡大などにより1部指定を行うことで基準を満たしていれば2部から1部への変更が認められます。
1部上場をすることにコストが掛かるのですが、2部に比べて1部の大きなメリットが何かと言えば、それは資金調達規模が大きくなり、設備投資に効率的に資金が回り、利益拡大や売り上げ拡大を図るチャンスが大きくなります。
これにより発行株数を増やし増資などでさらに資金調達で有利となり、企業規模の拡大を目論むことが可能となります。