株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

出来値についての説明

用語:出来値 読み方:できね

出来値とは、証券取引所において株式の売買が成立した場合、その値段のことを意味する、株式用語のひとつです。
株式の売買は、売り注文と買い注文が一致した場合に成立しますが、その売買が成立した価格が出来値にあたります。これは、株式の売買が成立することを「出来た」と表現されることから、「出来た値段」すなわち、株式の売買が成立した値段ということから来ています。また、株式の売買が成立しない場合は、「出来ず」と表現されます。株式の売買が成立しない場合は、値段はありませんので、「不出来値」などという表現はありえないことになります。
株式を売買する際の注文方式には、売買価格を指定して注文する指値注文と、売買価格を指定せずに注文する成り行き注文の2種類がありますが、成り行き注文は指値注文に優先するというルールが存在します。
多くの銘柄では、毎日複数の売買が成立しますが、発行済み株式総数が少ない銘柄や、地方の証券取引所に単独上場している銘柄などでは、株式の売買が成立しない銘柄もあります。