株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

経営最高責任者がいる会社

用語:経営最高責任者 読み方:けいえいさいこうせきにんしゃ

経営最高責任者は、企業戦略やそれに伴う経営方針の決定、中長期的な経営戦略に関わる全ての責任を背負う人の事を言います。一般的にはCEOと呼称されています。
大手の会社は、この責任者を筆頭に最高執行責任者などと協力をして会社を経営していくことになります。
基本的に、経営最高責任者は一人であるため代表取締役とは全く異なります。代表取締役は企業の意思決定を行なう企業を代表する権限を持っているのですが、これは一人とは限りません。会社に存在する役員が兼任することもあるものです。
基本的に、会社の経営方針を決定する責任者は失敗したときにその全ての責任を背負わなくてはいけない代わりに、絶大な権力を持っています。取締役が会社の経営方針などを承認する組織であるとした場合、責任者はその方針そのものを決定することができるためこの立場にある人はある意味で社長よりも権力を持っていることになります。
そのため、一般的に大手の会社などでは会長や社長が経営最高責任者の立場として経営を主導していることが多いのです。