株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

割当日は権利をうしなうことも

用語:割当日 読み方:わりあてび

株式の世界は株の売買によって利益を得たり場合によっては損失をまねいたりと一時も目が離せないものです。
企業が株を発行し、その株を売ったお金をもとに企業は運営を行い利益を獲得しその獲得した利益の配当を株主が受け取るということです。
株主はもっている株の数によって得られる利益が違うわけです。
株主割当増資という企業が新株を発行する際にその新株の割り当てを受ける権利を新規の株主を集めるのではなく今までの株主に与えて増資を行うという時に新株を引受できる株主を決める日のことを割当日と投資用語では言います。企業は割当日2週間前までに公告しなければなりません。
これは名義書き換えを行っていない株式所有者が失念することを避けるためです。
新株引受権の割り当てが決まった後、企業は申し込み期日まで2週間の余裕をもって各株主へ引受権を持つ株式の内容や株数、申込日および申込日までに申し込みを行わないと権利を喪失する旨を通知しなくてはならずそれを割当通知といいます。