株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

JASDAQ市場で取引をする

用語:JASDAQ市場 読み方:JASDAQしじょう

JASDAQ市場は、JASDAQが運営している株式市場の名称の事を言います。
基本的に、株式市場というのは一つの市場で構成されているわけではありません。大企業だけが上場することが出来る市場や、新興の企業だけが上場できる市場など、目的によって様々に上場することが出来る市場が異なっているのです。その市場の中で、投資家は好きな銘柄を選んで取引をすることになります。
その中でも、JASDAQ市場には約900種類近くの銘柄が上場されており、その企業の時価総額の銘柄は約9兆円規模になっています。
有名な東証二部の市場でも7兆円程度の市場規模であるため、非常に大きな株式市場であると言えます。
JASDAQは、従来までは株式店頭市場と呼称されていたのですが、社会に存在する企業のあり方や運営方法が変化してきたことに対応するために現在の名称に変わっています。
元々はベンチャー企業向けの市場であったため、現在でもこの市場の中にはそうした企業が数多く存在しています。