株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

株式用語の一段安について解説

用語:一段安 読み方:いちだんやす

株式用語の一つで一段安とういう用語がよく出て来ると思います。株取引を始めるにあたって知っておかなければならない用語ですので今回解説させて頂きます。

株式市場で相場が下落している下降トレンドの状態に起きる現象で下落をたどって来た相場がもう一段さらに安くなることを言います。

この一段安の状態になる原理は相場は売り圧力が強まると売りが売りを呼ぶ傾向になりこの局面となると加速度的に下落カーブを描いていきます。
例えば日経平均で例えると午前中安値を更新し午後より更に一段安となる事がありまさにこの用語の状態になります。また、この局面は売りの圧力が非常に強いためしばらくの間は相場自体が下落していく傾向になっています。下落傾向が続き底値圏内となると株価は反発し反転上昇する傾向があるのもこの現象後の株価傾向と言えます。この用語に対して逆に株価が大きく上昇していく用語に一段高と表現されるものがあり両用語ともに一般的な株トレードで登場します。