株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

サーキットブレーカー制度とは

用語:サーキットブレーカー制度 読み方:さーきっとぶれーかーせいど

株式市場において相場が異常に加熱し、その価格が短期間で極端に変動した際に、投資家達の頭を冷やす目的で売買を停止する制度を、サーキットブレーカー制度と言います。
取引を一旦強制的に止めることによって、投資家達に冷静な判断能力を取り戻す時間を与え、正しい相場を取り戻します。
サーキットブレーカー制度が生まれたきっかけは、NYダウ平均が1日で20%も下落した1987年のブラックマンデーです。
本制度は特定銘柄の株価が5分間で10%以上暴落した際に発動し、5分間だけ取引が止まります。
暴落幅によって取引停止時間は変動し、たとえばNYダウ平均が10%暴落した際は30分、30%暴落した際は2時間取引が止まります。その発動事例は意外と多く、近年は2008年秋に起きた米国発の金融危機の際に何度も発動されました。
近年は、IT技術の発達に伴い自動取引ソフトを用いた市場参加者が増えた結果、サーキットブレーカー制度の目的とする効果を十分に得られなくなっており、その内容の変革が求められています。