株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

追加設定に関するあれこれ

用語:追加設定 読み方:ついかせってい

追加設定とは、すでに購入し運営している追加型投資信託に対し、信託財産を追加することを指します。
そもそも信託とは、信託銀行などに対し信託財産を設けることで、その財産を元本として運用することを指します。そのためその設けることを設定といい、追加設定の場合なら、信託財産を更に追加で設けることになります。
投資信託に出来る設定は二種類あり、ひとつは単位型投資信託と呼ばれる1回だけしか設定のできないものと、追加で設定のできる追加型投資信託に分けられます。追加型投資信託の場合、その都度信託財産を設けることができるため、市場の相場に合わせて資金繰りを行い、追加設定をすることができます。設定を行えば当然信託元本が増えるため、結果として利益を増大させることができます。これが単位型投資信託にはない大きなメリットです。
しかし当然その分市場の相場に合わせて利益の増減が大きくなるため、設定を追加で行う場合は十分な比較検討を行うことが重要といえるでしょう。