株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

不出来引け成行とは?

用語:不出来引け成行 読み方:ふできひきなりゆき

株式トレードを行うと必ず登場する不出来引け成行という用語についてここで説明したいきたいと思います。
不出来引け成行注文とはインターネットでの株取引の注文方法で略称は不成注文とも言われます。スマートフォンやパソコンでの株取引時に一度は目にする用語です。

不成り注文は株式市場の取引可能時間の終了時までは指値注文(自分が買いたい、売りたい株価で注文)が取引時間中に成立しなかった場合、取引時間終了時点で成り行き注文となる事を言います。
不出来引け成行のメリットとしましては普通の指値注文だと指値に合致する注文を周りが出してくれず約定しないケースが多いですが不成注文を使えば時間中に約定できなくても引けで成行注文が成立する可能性があります。
一方、デメリットとしましては高値で掴んでしまう事や安値での売りに繋がる事がありますので予想外に安い売りの注文になってしまったり高い買いの注文になってしまいますのでその点は気を付ける必要があります。