株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

上影陽線とは

用語:上影陽線 読み方:うえかげようせん

上影陽線は上にヒゲが伸びている状態の陽線のローソク足です。ローソク足は高値と安値のどちらが先かという情報がないため2通りの動きが考えられます。始値、高値、安値、終値という順だと、一旦上げた後に下げたけれども、再び上げて始値を超えて引けたということを表します。これは上げている途中と考えられて続伸も期待できて意味としてはやや強気と言ったところです。
始値、安値、高値、終値という順の場合には、一旦下げた後で上げたけれども、再び下げたということで、下げている途中なので始値よりも終値の方が高くてやや強気と解釈もできますが、1つ目よりはやや弱気と考えられます。
ローソク足だけで判断すると、その動きの順番により複数の見方ができるので短い足でどちらか判断することが重要です。
この上影陽線は、上にヒゲが伸びている状態の陰線のローソク足の上影陰線とともに、大量に売買が行われて、利益を得るための売りや、底値と判断されて買い戻された場合に多く見られます。