株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

気重いとは

用語:気重い 読み方:きおもい

気重いという言葉は一般的なものとしても利用されることがあり、気分的な状態を指し示した用語となっています。
株用語としての「気重い」とは、一般的なものの意味と似たようなものとなっており「相場に活気がなく、買い気が盛り上がらない状態」のことを指しています。つまり、通常の意味である気分的な状態をそのまま株の売買に当てはめたものとなっているわけです。
気重い状態となってしまうと、市場の中でもこれと言った好条件や好材料のものがなくなってしまい、相場が低迷状態となります。結果的に人気が重い状態となってしまい、相場だけではなく市場の動き自体も重いものとなってしまうわけです。
この状態になってしまうと買い手も売り手も損失が出る可能性が高くなってしまいますし、利益を上げられたとしてもそこまで高い利益を上げることができなくなるため、投資者としても株を有している企業側としても、最も避けたい状態のひとつとなっているようです。