株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

小陽線に関するあれこれ

用語:小陽線 読み方:こようせん

小陽線とは、チャートの一種のローソク足の始値より終値が高くなった状態を指す陽線のうち、比較的実体部分が比較的短いものを指します。小陽線かどうかの判断基準として、過去のローソク足と比べて短い場合にそうであると判断されることが多いです。
相場の意味としては買い方と売り方が均衡しつつもちょっと値が上がったという、少し価格が上昇したサインといえます。これが連続して起こると大陽線と呼ばれる値上がり率が極端に上がる状態になることもあります。しかし仕手株相場の初期にも同じ状態になることから判断は難しく、一般的には見送る姿勢が強くなります。そのため万が一取引を行う際の判断は慎重に行う必要があります。
小陽線にも様々な種類があり、大安値となったものの持ち直して通常の価格に戻るもの、相場が底を打ったから戻り始めるものなど、同じ名前であっても相場の状態は様々であるといえます。
しっかりと現状の相場を見極め、的確に投資を行うことが重要であるといえるでしょう。