株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

追撃売りについての説明

用語:追撃売り 読み方:ついげきうり

追撃売りとは、売り増しを意味する株式用語です。株式投資における売買には、ナンピンと呼ばれる相場の動きとは反対の売買を行う方法、つまり下げ相場では買うというパターンと、その逆にその動きを追うように売り注文を出す方法と二種類があります。
追撃売りはまさに相場の動きに合わせて注文を出すタイプです。売りポジションを持っている投資家が相場の下げをみて、その流れに乗るようにさらに売り増しをするのがこの追撃売りです。
このタイプの利点としては、相場の流れに沿うことによる心理的な安心感があることです。仮にナンピンで買い向かうことになると、さらに下げ続けた場合には含み損が増大することになり、心理的負担が大きくなります。
ただし、この場合の売り増しはその売り単価が下がることになりますし、またいつ底を打つのかは分からないというリスクもあることになります。悪材料が出るなどのような買い材料が何も無いような場合には有効な手法となります。