株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

JASDAQ証券取引所とは

用語:JASDAQ証券取引所 読み方:JASDAQしょうけんとりひきじょ

JASDAQ証券取引所は、東京証券取引所が運営している新興企業を対象とした株式市場のことです。現在の名称のそれが発足されたのは2010年と日が浅いですが、その前身となる店頭登録制市場から数えると50年以上の歴史を誇ります。そのため、他の新興企業向け市場に比べると格段に長い歴史を持つ企業がひしめいています。
JASDAQ証券取引所は、事業の健全な伸長が見込めるJASDAQスタンダードと、将来的な飛躍が期待出来るJASDAQグロースのふたつの市場で構成されています。
上場銘柄が850を数えるJASDAQスタンダードに上場するためには、厳しい審査をパスする必要があります。具体的には、株主数が300人以上で、上場時の時価総額が5億円越えを見込めることなどです。
JASDAQグロースは、スタンダードに比べると審査基準は比較的緩やかですが、高い成長期待度が問われます。
尚、JASDAQ証券取引所は、1991年10月28日時点の時価総額を100としたダウ方式のJASDAQ指数を公開しています。