株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

現在値指値の意味

用語:現在値指値 読み方:げんざいねさしね

株式を売買する時に、指値と成り行きの二つの方法があります。
成り行きは、どの値段でも良いので売買を成立させたい場合に選択されることが多く、指値はその投資家が希望した値段まででしか(有利になる場合を除く)売買したくない時に選択されることが多い売買方法です。
出来高の多い銘柄の場合は、市場の参加者が多く、注文が多く出ているので成り行きで売買しても値段が大きく違って成立することは稀ですが、出来高の少ない銘柄の売買の場合は、成り行きで売買すると予想していなかった値段で売買が成立することがあります。出ている注文が少ないと、売買状況次第で一瞬で値段が大きく動くこともあるので、こういった銘柄を現在値でなら売買したいと思った時は現在値指値が有利になります。
現在値で指値をすれば、そこから突発的に注文が出ない限り、思った値段で売買でき、且つ今付けている値段を指すので売買成立の可能性は高い状態で安心感を担保できます。