株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

買いたい弱気について

用語:買いたい弱気 読み方:かいたいよわき

買いたい弱気とは株式相場における心理状態のひとつを表すものです。基本的には買いスタンスをとっている状態でありながらも、上昇相場の中で少しでも安く買いたいと思っている人が陥りやすい心理状態といえます。
買いのタイミングを探りながらも、少しでも安く買いたいがために値下がりを願うようになってきます。すると、どうせ値下がりをするのであれば、その下げにおいても少し利益を出しておこうという欲が出てくることになります。その結果、当初の予定に反して売り注文を出してしまうことになるわけです。
なぜこのような心理状態に陥るのかと言うと、少しでも安い価格で買いを入れたいという欲にあります。この少しでも、という欲が転じて少しでも下げで利益をという発想につながるわけです。
予想の通りに下げてくれば、その下げでも利益が出せるわけですし、さらにその安値で買いを入れることもできるわけです。けれども実は、予想の通りに売りポジションを建てたあとに下げると、次の買いがなかなか入れることができなくなるものです。