株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

悪目買いとは

用語:悪目買い 読み方:あくめがい

株式用語の中には見た目だけである程度意味が理解できるような単純な用語もあり、その中のひとつが悪目買いです。
「あくめがい」と呼ぶこの用語は、下げ相場の状況下で売り優勢であるという状況の際、それでも関係ないとばかりにその銘柄を買い続けることを指しています。簡単に言ってしまえば、明らかに売りをする方が利益が出たり損をしないという状況下で、あえて買いを続けるということです。
株式取引にとって下げ相場の状況下・売り優勢である状況で買い続けることにメリットを感じることは少ないですが、例えばその株式が今後高騰する可能性があると見込んでいる場合はこの行動は有効であり、その時は損失を出すことになりますが、後々で損失を上回る利益を得ることができる可能性があるというわけです。
ただしこの方法は名前の通り悪目であることが多く、しっかり先のことを読める人物でなければ利益に転換することは難しいと思われます。そのため、初心者にはお勧めされない方法のひとつです。

Twitter
#トレダビ とつぶやこう!