株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

腕力相場についての説明

用語:腕力相場 読み方:わんりょくそうば

腕力相場とは株式用語になりますが、大量の資金を用いて相場を動かそうとすることを意味します。その中でも相場の本来の動きに逆らって自分のポジションに有利となるように動かすことを目的とするケースが多く見られるものです。
相場を牽引する銘柄というものがあります。相場観を決定する指標ともなる銘柄となるわけですが、そのような銘柄に資金を投入することによって圧力をかけることにより相場全体に影響を与えることも可能となるわけです。
売買には売り注文と買い注文があり、またそれぞれ価格によって注文数が異なりますが、その様子がわかるのが板と呼ばれるものです。いくらの価格に買いと売りの注文がどれだけ入っているのかがわかるものです。
そこに厚い板が出現すると、それを突破することが難しくなります。つまりそこに壁が生まれてそれ以上上げたり下げたりしにくくなるわけです。腕力相場とは、この厚い板をうまく利用することによって行うことでもあります。