株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

動意についての説明

用語:動意 読み方:どうい

動意とは、株式相場においてそれまで株価に動きがなかった状態から、少しずつ動き始める状態を表現する場合に使用される株式用語のひとつです。主に株価が上昇し始める際に使用されます。
例えば、「動意づく」などと表現され、この場合株価は少しずつ上昇を始めた状態を意味します。また、「動意薄」などと表現される場合は、株式の売買が停滞気味で株価にあまり動きが見られない状態を意味します。
株価は、何らかの材料(ニュース)や思惑で、動き出しますので、特段材料(ニュース)や思惑がない場合は、売り注文も買い注文も少なく、相場が停滞することがあります。このような場合を「模様眺め」などと表現します。
今まで株価に動きがなかった銘柄において、少しずつ出来高が増え、株価が上昇し始めた場合は、要注意です。これは、何らかの好材料(良いニュース)や思惑から投資家が買い始めたことを意味します。この動きを察知した他の投資家がさらに買い始めると、買いエネルギーを増し、株価はさらに上昇し、うまくいけば大相場へと発展する場合もあります。