株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

内出来の意味とは

用語:内出来 読み方:うちでき

株式注文を出すと、注文が市場に流れます。
市場では、まず価格優先の法則に従って相手に優位な価格から板と呼ばれる集計ボードに並べられます。
次に時間優先の法則に従って、同じ値段で出された注文は、時間が早い順に並ぶことになるので、後から同じ朱蒙が入ると、どんどん後に並んで買い注文なら売り注文を、売り注文なら買い注文を待つことになります。
内出来とは、特に低位株に見られる現象ですが、各値段に並ぶ注文が多い時に、自分の注文が先頭に来たものの、出した注文全部が約定せずに、残ってしまうことがあります。
その状態のことを内出来と言います。
また、他にその可能性があるのが、ストップ高やストップ安の気配で終日値段が付かなかった時に、市場が閉まると同時に、比例配分になることがあります。その時に、抽選で僅かな株数だけ約定することになりますが、その抽選に当たった場合も全部は約定せずに少しの株数だけが約定することになるので、内出来となってしまいます。