株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

株用語一段高について

用語:一段高 読み方:いちだんだか

株取引で株価が上昇した際に言われる一段高についてここで説明させて頂きたいと思います。
よく聞かれる一段高とは上昇傾向だった株価や相場が、さらに高くなることを言います。
本来、株式市場は、上下動を繰り返しながら上昇したり下降したりと推移していきますが、ある銘柄に株価上昇に起因する好材料が出たりするとその日の市場開始の寄り付きから買いが一気に入り高い株価からのスタートとなります。
その買いが一巡すると通常株価が一旦落ち着いて少し下がったりするのですがその後にさらに新たな買いとなる好材料が出て来るとさらに買い圧力が加速して今回の説明ワードになっている一段高となります。
相場の傾向としては買いがさらなる買いを呼ぶと言われており、その局面では加速度的な上昇傾向となります。
ただ気を付けなければならないのは株価は上昇し跳ね上がった後、買い圧力が無くなった瞬間から下落する可能性もありますので取引には気を付けてください。