株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

アンダーパフォーマンスとは

用語:アンダーパフォーマンス 読み方:あんだーぱふぉーまんす

アンダーパフォーマンスとは、アンダーパフォームとも呼ばれ金融業界で投資成果を表す言葉として使われています。
投資の世界において、パフォーマンスとは運用成果や運用実績、または過去の価格の動きを指しています。つまりアンダーパフォーマンスは、運用成績がベンチマーク、つまり運用成果を測定し評価するための基準となるものを下回ることをいい、平均的な収益を何%下回ったかもしくは下回りそうかという相対的な評価の際に使われます。
パフォーマンスは年率で表されることが多く、大きなリスクで低い資産増加率であれば投資成果は低く、少ないリスクで高い資産増加率であれば投資成果は高いと評価されます。アンダーパフォーマンスかどうかは、投資をする際の参考となります。
対する言葉としてアウトパフォーマンスがあります。全体の上昇率に比べて上昇率の高い銘柄に投資をすると得られる利益率も高くなるため、アウトパフォーマンスのものを選ぶ必要があります。

Twitter
#トレダビ とつぶやこう!