株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

株 頭が重いについての説明

用語:株 頭が重い 読み方:かぶあたまがおもい

株 頭が重いとは、株価が上昇局面にあるものの、何らかの不安材料があったり、更なる株価上昇を期待する要素が少なかったり、一定価格以上に大量の売り注文があったりなどの事情により、株価が一定水準を突破できずに、上昇力を押さえ込まれている状態のことをいいます。
頭が重くて、それ以上上昇できない状態を比喩的に示した表現といえます。
この頭が重い状態を突破できた場合は、株価の上昇力は再度勢いを増し、株価は上昇を続ける場合が多いといえます。
他方、頭が重い状態をなかなか突破できない場合は、株価の上昇力は次第に弱まり、株価は下落し始める場合が多いといえます。
いわば、株 頭が重い状態は、その後株価が上昇するのか下落するのかの分岐点にある状態だともいえます。
株 頭が重い状態を突破するには、その会社の業績のみならず、市場環境や信用取引における売り残の状況など、様々な要素が影響を及ぼすので、含み益が十分ある場合は欲張らずに一旦売却して利益を確定しておくことも得策です。