株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

商いは買い手がいるうちにやれ

用語:商いは買い手がいるうちにやれ 読み方:あきないはかいてがいるうちにやれ

「商いは買い手がいるうちにやれ」とは、株価が上昇し尽くす前に売るべき、という格言です。
株価が上昇している最中に、もっと待っていればさらに高く売れるだろうと欲を出してしまうと、結果的に売るチャンスを逃してしまう教えのことを意味します。
株価が上昇して人気が出ると、出来高も上昇しどんどん株価が上がるように見えます。しかし、人気が出るということはそれだけ買い手も増えている状態です。株価は一度天井をつけると、出来高は急激に減少していきます。
株価が上がりきってしまったあとでは、売る人の割合が高くなり買い手が無くなってしまいます。そうすると、身動きがとれなくなったり、例え売れたとしても最初の売り時よりも低い株価で売ることになってしまう危険性があります。そのため、欲張りすぎず上昇中の買い手がいるうちに売って、利益を確定させておく必要があります。
似た用語で「商いは陽(ひ)の暮れるまでにやれ」というものもあります。

Twitter
#トレダビ とつぶやこう!