株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

狼狽投げを回避する

用語:狼狽投げ 読み方:ろうばいなげ

狼狽投げは、株価が急速に下落したときにその下落に驚いて慌てて持っている銘柄を売ることを言います。急落相場によく見られる現象で、基本的に狼狽投げがあった相場はあるポイントで相場がリバウンドすることが非常に多いです。
株価の動向は、その会社の経営状態に大きく左右される傾向があり、その会社の現状にとって良くない情報が流れればそのたびに売られることになります。
この場合、最初の段階で多くの売りが入りますがその売りは徐々に緩やかになっていき、その会社にとっての適正価格に落ち着くことになるのです。
しかし、狼狽によって投売りがされると数日間に渡って連続でストップ安になることも珍しくありません。
狼狽によって売り出される銘柄は特に理由がないことも多いため、何が原因によって売られているか理解できずに市場がパニックになることが往々にしてあります。
そのため、狼狽売りがあった銘柄は急激に反発する要素も兼ね備えており、この現象が発生したときにはその後の株価の動向に注意をしなくてはいけません。