株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

遠いものは避けよとは

用語:遠いものは避けよ 読み方:とおいものはさけよ

近年FXなど初心者でも気軽にできる株取引が注目を集めており、多くの人たちが株取引を始めるようになってきました。そのため市場が賑やかになってはいますが、その反面で株取引を始めたばかりの人たちに対して苦言を呈するような、戒めを言い渡すような格言が株用語の中には存在します。
その中のひとつが、「遠いものは避けよ」です。
これは言葉のままの格言となってはいますが、意味としては「株取引の初心者の場合、全く知らない企業の株よりも知っている身近な企業の株から手をつけるのが賢明だ」と言うものとなっています。
と言うのも、基本的に株取引をする場合、取引する株を有している企業のことをある程度把握していないとその株を購入するのがいいのかどうなのかと言う判断材料がないため、失敗することが多いとされています。そのため、まずはある程度情報収集がしやすい身近な企業のものから始めることで、株取引のノウハウを理解していくことが大切だと言われています。