株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

ROAについて

用語:ROA 読み方:ROA

ROAはリターン・オン・アセット(ReturnOnAssets)の頭文字をとったもので、財務分析の概念のひとつです。日本語では総資産利益率といい、会社の総資産(総資本)が利益を出すためにどれほど効率的に利用されたかという指標を表します。
算出方法は、利益を総資産で除したものとなります。
分子の利益にどのような利益を使うかはいろいろな考え方がありますが、税引き後の当期純利益を使うのが一般的です。その理由は企業は実際に手元に残る利益の獲得を目的としているため、事業活動の効率性・収益性の判断も税引き後ベースで行われることが多いためです。
指標の判断は総資産利益率が借入金利よりも大きければ、借入金以上に利益を獲得できているため、もっと借入金を増やしてでも事業を拡大すべきとなり、小さければ借入金を早期返済すべきとなります。
なお、算出方法は売上高を考慮して、当期純利益÷売上高×売上高÷総資産と分解でき、すなわち売上高利益率×総資産回転率で表されることができます。