株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

迂回増資について

用語:迂回増資 読み方:うかいぞうし

株式関係の言葉で迂回増資という言葉を聞いたことがあるでしょうか、言葉の意味としては資本金を増やすことを目的とし、一定期間で資本金が増えるよう資金調達を行う形態をさします。
一般的に増資というのは、会社が資本金を増やすことですが迂回増資は直接的に増資することではありません。例えば、ワラント債や転換社債がこれにあたります。時価転換社債にては、転換価格が時価よりも高めにもともと決定されているので、時価発行増資と比べても増加株式が少なくてすむのです。
さらに転換権という付加価値もありますので、普通社債に比べて低いクーポンレートで発行できるメリットもあります。投資家にとっても、転換社債は安全性に加えてさらに、潜在的株式としてのキャピタルゲイン(不動産や有価証券などの値上がりによって得られる利益のこと)も期待できることが大きなメリットでもあります。
そのため、迂回増資は使い方で大きな利益を生むことができるのです。