株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

虫の好かぬ株は買うなとは

用語:虫の好かぬ株は買うな 読み方:むしのすかぬかぶはかうな

株式用語の中のことわざのような暗号のようなもののひとつに、「虫の好かぬ株は買うな」というものがあります。
言葉だけで意味を察することができる用語のひとつでもあり、単純に言ってしまえば「気に入らない株は買うな」ということです。もっと正確に言えば、自分が理解できない会社や親近感を感じない会社など、自分が気に入らないと思う会社の株をあえて購入するようなことはするな、と言う意味となっています。
これだけを聞くと単純に選り好みをしているだけのように感じられますが、実際にはしっかりとした意味があり、自分が理解できた力にいることができるということはその会社の事業内容を理解していないと出てこない感情であり、日常的に利用することが多いということです。
逆に理解できないということは自分に接点がないということであり、そういう事業の変動について知ることは難しいため、そういう企業の株式を購入すると損失をする可能性が高いというわけです。