株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

引かれ玉は投げよとは

用語:引かれ玉は投げよ 読み方:ひかれだまはなげよ

株式用語の中には格言と言われている用語があり、戒めたり励ましたりする意味で用いられる用語があります。その中のひとつが、「引かれ玉は投げよ」です。
引かれ玉とは損益が出ているマイナス要素しかない株式のことを指しており、引かれ玉は投げよということは簡単に言ってしまえば、「損をこうむっているような株はいつまでも所持せずにさっさと売ってしまえ」と言う意味となっています。
これは株式用語の中の損切りを勧告している格言となっており、実際に損切りをしろと言っているようなものです。ただ、損切りそのものは自分のミスや間違いを認めることであり、損をしたまま売るということはなかなか勇気がいるものとなっているので、それができない投資者も少なくありません。
ですが、損を最小限に食い止めることは今後利益を出すためにも重要な要素となっており、総合的な利益を生み出すことに繋がります。そのことを意味して戒めているのが、引かれ玉は投げよということになるわけです。