株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

T+1に関するあれこれ

用語:T+1 読み方:T+1

T+1とはTrade Dateと呼ばれる約定日に対して、決済日が約定日の1日後であることを指します。+2になれば約定期の2日後が、+3になれば約定日の3日後が決済日となることを表しています。
通常株取引の場合、売買が約定されたとしても、その当日に決済されることはありません。決済日が何日かを示すためにT+と言った形で情報が提供されています。日本の株式の普通取引の場合であれば、T+3決済が一般的で、オプション取引や先物取引はT+1決済が一般的となっています。
現在日本において主流であるT+3決済を前提に取引システム作られていますが、決済日まで2日も時間差があることもあり、システムにおいて問題が発生し、決済不能になってしまうと市場全体が混乱に陥り機能停止に陥ってしまう可能性があります。そういう自体を防ぐために、現在は翌日の決済であるT+1決済に移行する流れとなっています。
すでに外国では主流となった国が多く、これからは世界的基準となることが予想されています。