株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

プラスマイナス指値についての概要

用語:プラスマイナス指値 読み方:ぷらすまいなすさしね

プラスマイナス指値(プラマイ指値)とは株式投資などにおける注文の方法のひとつです。高値と安値の値段設定を行った上で売り買いの注文を出すことになります。
たとえば買いポジションをとっている状態で含み益がある場合、高値の設定は目標とすべき売値となり、下値はこれ以上下げたら手仕舞いするラインを設定することになります。
また、新規に建玉をつくる場合においては、上げ相場とみられる状態で下値は希望とする値段となり、高値はこれ以上上げたら動きが強いと判断しての値段となります。
どちらに動いたとしても、設定した値段を突破した時点で成り行きの約定となることになります。利益確定の目標設定に、損切りラインの設定にと様々な使い方ができるものとなります。株価の動きを常時チェックできないような場合、自動売買の注文を出しておくという意味合いのものとなります。利益を少しでも伸ばしたい時に、あるいは含み損を抱えている時に損切りラインをつくりつつ少しでも損失額を抑えるなどの使い方ができるものとなります。