株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

REITについての解説

用語:REIT 読み方:REIT

REITとは、リアル・エステイト・インベストメント・トラストの略称であり、不動産投資信託という意味を持ちます。不特定多数の投資家達から集めた金銭で、商業施設やオフィスビルを購入し、その家賃収入や売買差益を配当金という形で分配する仕組みが特徴です。
上場している一般企業の株式同様に証券コードが割り振られていることが特徴で、他の株式同様に相場が開いている間は自由に売買出来ます。通常の不動産は流動性の低さが短所ですが、REITは換金性に優れており、また税制面でも有利なことから高い利回りを期待出来ます。
REITは、単一用途特化型と、複数用途型に大別出来ます。単一用途特化型とは、目的が明確に決まっている不動産に投資するタイプであり、たとえば商業施設特化型や集団住宅特化型、オフィスビル特化型などに分けられます。
複数用途型は、様々な用途を持つ不動産が組み合わされたものであり、単一用途特化型に比べると利回りの面で劣りますが、投資先を分散しているため低リスクな点が優れています。