株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

投資信託とはどういう意味か

用語:投資信託 読み方:とうししんたく

投資信託とは、何人かの投資家から集めたお金をひとつにまとめ、専門家が有価証券などに投資・運用する商品で、その収益を出資の額の応じて投資家に還元することをいいます。
販売は証券会社や銀行で、運用は投資委託会社、保管・管理は信託銀行とそれぞれ専門家が分担して行います。
投資家にしてみれば通常の株式投資をやる時はある程度まとまった資金が必要になりますが、投資信託であれば少ない金額から手軽に始めることができるので、例えば1万円からも可能です。
そして様々な資産に分散投資するので、自分で株式投資するよりはリスクが減少される可能性があります。原則として毎日、取引価格である基準価格が公表されており、資産価値や値動きがわかりやすい商品です。そして、決算ごとに監査法人などによる監査を受けているので透明性が高いです。ただリスクが少ないとはいえ、銀行預金のように元本保証されていないですが高い運用収益を得るチャンスは大いにあります。