株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

MACDの意味と使い方

用語:MACD 読み方:MACD

MACDとは、二つの移動平滑平均線を使ったオシレーター系の指標で、おもに相場のトレンドや転換点を探るうえでよく使われており、人気があります。
株価だけでなくFXのMT4などにも使われており、短期長期のチャートでもよく利用されています。
オシレーター指標は、どれも完璧でなく、転換点とし使う場合、過去の目安の数字を無視した動きも見られるため、いろいろなオシレーター指標や、目安と使われるケースが多いです。
MT4などでは、短期チャートでの転換点を探ったり、トレンドを意識するうえでの利用が多く、勝率のいいオシレーター指標と組み合わせるケースが多いです。
株価で使われる場合、激しく上下に動く銘柄などには、大変効果的ですが、株価があまり動かない銘柄に対しては、あまり意味がないものです。
多くのネット証券会社が提供するチャートサービスでは、オプションとして利用できます。チャートの見方は、ゴールデンクロスやデットクロスと同じ考え方が、転換点で使われるため、とても使いやすいものといえます。