初心者から学べる日本最大のバーチャル投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!

\ アプリでどこでも楽しみたい方は!/
\ Webでじっくり楽しみたい方は!/

買い時がわかるRCI

用語:RCI 読み方:RCI

RCIは、ある銘柄が現在買われすぎているのか、それとも売られすぎているのかを知るために必要な指標の事を言います。これはオシレーター系の指標です。
日本語で順位相関指数と呼ばれるもので、株価のチャートの日数と特定の銘柄の株価にどの程度の相関関係が存在するのかを表すための指標とも言えます。見方も非常に簡単で、チャート上で指標が高水準を保っていれば割高、指標が低水準を推移していれば割安と判断出来ます。
通常、RCIはパーセンテージで表されることになっており、最も割安の値はマイナス100%で、最も割高の数値は100%です。
株価とチャート上の日数が連動することになるため、細かな数値を出すためには本人が希望する日数を考慮して計算をしなくてはいけません。
ほとんどのツールでこの機能は搭載されていますので、自身の取引スタイルに合わせて日数を決める必要があります。
基本的に、急騰や急落を見抜くときの良い指標となるため短期的な売買であっても結果を出すことができる点に魅力があります。

トレダビ
デモトレードで練習したい方はこちら!
実際に取引を始めたい方はこちら!