株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

株トレード用語の窓について解説

用語:窓 読み方:まど

株式トレードを行っていると必ず出てくる用語で窓という言葉があります。
この用語ですが株価というものは必ず上昇したり下降したりするものでその際に大きく上昇したり大きく下降すると株価が一気に変化します。

これを株価チャートで見ると株価のローソクとローソクの間に空間が出来ます。この状態を窓を開けると表現されごく短期に株価が大きく変化したことになります。
そしてこの株価上昇または下降の勢いで空いたまでまで株価が下がる傾向がありこれを窓を閉めるといいます。基本的に開く時は、その銘柄が決算で好業績が確認出来たりその他の好材料が出た時、逆に業績不振や悪い材料が出た場合が多く見られます。
また、前日のニューヨークダウが上昇していた場合や日本株全体に対しての好材料が出た後などにもよく見られる現象です。相場を解析するにあたりかなり重要な要素になりますので株取引をされている方には欠かせないポイントになりますので必須項目になります。