株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

ファンドの意味と目的

用語:ファンド 読み方:ふぁんど

ファンドの元々の意味は基金というもので、株式投資に関しても投資ファンドやヘッジファンドという言葉があります。
これらの概念は、いずれも共通しており、数多くの不特定多数の投資家家から資金を集めることで、大きな取引を行い、また利益確定後にそのリターンを分配するものです。
投資であることで安全性を担保するものではないにせよ、プロの投資家が大勢の投資家からお金を集め、大きな勝負に出ることで、ノウハウの低い新人投資家や資金が乏しい投資家であっても大きな投資に参加することが可能となります。
一般的に証券会社が取組む投資信託も同じ概念として存在します。
この種の投資にはマネージャーと呼ばれる投資責任者がおり、実質、投資対象である金融商品のフィクサーとなり、ここに投資するものは全てこのマネージャーに運命を託します。
富裕層から大規模な資金を集める私募形式の大型で絶対的利益を目標とした方法もあり、実質的に仕手相場となることもあります。