株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

天井についての概要とは

用語:天井 読み方:てんじょう

天井とは株式市場においての相場用語のことで、直近においてつけた一番高い値段のことです。上昇相場においては、この天井をつけた後に下げた場合、さらにその高値を越えると強い上昇とみられるために高値越えはひとつのポイントとして意識されることになります。
天井に対して安値は底と呼ばれますが、このふたつの間を株価が上下に動いている間は、どちらに抜けるのかが意識されることになります。そのような値幅が決まって上下の幅が固定された状態をボックス圏と呼ばれます。
株価の動きにはおいてはある程度、決まった動きを見せることがあります。これは直近の高値や安値を意識してのものであって、株式市場独特の動きとも言えます。
この高値や安値を抜けることができない場合には、それが壁となってその値段に近づくと反転することになるわけです。そのような壁ができると、それを突破することによって強い一方通行の動きが生まれることになるケースも多いものです。