株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

ボリンジャーバンドとは

用語:ボリンジャーバンド 読み方:ぼりんじゃーばんど

ボリンジャーバンドは、1980年代に考案され現在でも多くの投資家に利用されている有名なテクニカルチャート指標のひとつです。本指標を用いることで、株価が適正値に収まっているのか、反転気配はあるのかといった方向性を知ることが出来ます。
まずシグマと呼ばれる標準偏差を導き出し、移動平均線にシグマの1~3倍もしくは、-1~-3倍としてチャート上に示します。株価チャートがボリンジャーバンドの±1シグマ以内に収まる確率は約70%、±2シグマで約95%、±3シグマで約99.7%です。ただし、この確率を盲信することは厳禁です。あくまでも過去のデータを元にして標準偏差は算出されているからです。
一般的に株価が乱高下する際はバンド幅が広がり、凪相場においてはバンド幅は縮小する傾向にあります。
株価がボリンジャーバンドの上端に接近した場合は売りのサイン、下端に接近した場合は買いのサインを示します。そして、上下どちらかに株価がブレイクした場合は、トレンド変換の可能性が高いと判断出来ます。