株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

内部留保について

用語:内部留保 読み方:ないぶりゅうほ

企業が利益を得ている場合、その利益をどのように使っていくかを決定しなければなりません。
その使い道は、多くの選択肢がありますが、必要性がでてくるまで貯金をしておきたいとの選択肢もあります。
その貯金に回す利益を内部留保と言います。
利益を貯めておく理由としては、業績が悪くなっても株主に配当を渡すためだったり、大きな資金が必要になる企業買収や設備投資に備えたりするためです。
利益を効率的に利用してさらなる企業成長へとつなげて行くためには、内部留保があまりにも積み上がり過ぎると保守的と見られ株価は下落傾向になることもありますが、逆に業績が下降した場合に無配当になること可能性が低く、突然に魅力的な企業のM&Aを発表したりすることも期待されるため、株式投資については投資家が気にするべき要素の一つとなります。
内部留保の額が既に積み上がっている企業の場合は、逆にM&Aされる対象としても魅力的な企業であるため、その点からも注目されることがあります。