株の初心者から学べる日本最大のバーチャル株投資ゲーム

株初心者から上級者まで 株式投資がわかる!腕が上がる!
65万人が利用する無料のバーチャル株式投資ゲーム

実在する上場企業のリアル株価を使用し、証券会社の研修でも使われる本格派!
株取引を体験したい未経験者、学習したい初心者はもちろんのこと、経験者の練習の場としても広く使われている、株投資シミュレーションの決定版です。

蜻蛉の意味を把握しよう

用語:蜻蛉 読み方:とんぼ

蜻蛉の読みはトンボであり株の世界で使われる場合は、株価の上昇や下降を示すグラフにおいて一定の形を示しているときにそう呼ばれることがあります。
この特徴としては上のほうにヒゲがなく、下のほうがローソク足となっているような形になります。その形がちょうど竹とんぼのようであることから蜻蛉と呼ばれているのです。
こういった形になるときというのは始値と終値がほぼ同じ状態になっているときです。そしてローソク足の位置によってある程度の予測が成り立つこともあります。
具体的には天井でのローソク足の出現は下降トレンドへ、これとは逆に底値で出現した場合には上昇トレンドへ入りやすいと言われているのです。
実際にそのような結果になる確率からしてもこの傾向は誰の目にも明らかですので、この蜻蛉におけるローソク足の出現位置を利用すればトレンドの状況を素早く推測することが可能であり、判断材料の一つとして株式投資をしていくのに役立ってくれることになります。